未分類

ローマの恋物語 『Another day in paradise』

カプリ島のオプションから戻って
『青の洞窟』にお目にかかれず
やや落ち込んだ気分でホテルに帰り着いたら、部屋を誰かがknockする。

名古屋からイタリア旅行に来ていた若い夫婦 新婚旅行だった。
『お願い!!今からスペイン広場と真実の口 見に行きたいけど
タクシー呼んで通訳して一緒に付いて来て!!』
2人の勢いに負けてわたしはローマ市街の地図を片手に新婚夫婦を連れてタクシーへ乗り込む。
image
スペイン広場の写真

スペイン広場はわたしが大好きな
オードリーヘップバーン
『ローマの休日』の映画の場所
けれども広場の階段は観光客で埋め尽くされて優雅にジェラートを頂ける雰囲気ではなかった…。

時間は夜の7時すぎ
なのに夏時間のせいかこんなに明るい!
『真実の口』は門が閉まっていて外から撮影しました。

『真実の口』は口の部分に手を突っ込んで「嘘をついたら手が抜けなくなるよ」…
といったイタリア人らしい可愛い像のこと  
image
『真実の口』

(わたしはスペイン広場に神秘的な泉が湧く場所を本か何かで知っていた。舟のカタチをした像があり
その場所には天使が舞い降りて
「ここから飲み水が出ますよ」と教えてくれたと。
そして今でも綺麗な水 聖水が湧き出ていて実際飲んでみたけれど、美味しいお水。)

タクシードライバーの男性は
俳優のショーン・ペンみたいな人で
わたし達を心配してガイド役もしてくれた親切なローマの男性。
image

わたしは新婚夫婦と後部座席に座っていたのだけど、彼はわたしに気を遣って『きみはひとりで旅行してるの?助手席へおいで!ぼくの隣りに座るといいよ。』

『ぼくが結婚してなかったらきみを彼女にしてたのに』と溜め息をついて頭を振って言ってくれた。
後ろの新婚夫婦はその会話を聞いてなんとなく理解したようで

「さすが!イタリア人はスゴ~いね!」と言って騒いでいた。
日が暮れてゆくローマ市街
流れてきた音楽♪は
フィルコリンズ
『Another  day  in  paradise』
わたしが昔
大好きで聴いていた懐かしい曲が
まさか!ローマの夕暮れの街の景色とともに体験できるなんて…

わたしは後ろに2人がいてくれて
ほんとに良かったと思った。
1人きりだったら泣いてしまう。
ローマの男性は
個人的に連れて行きたい場所がある
『僕のおすすめの夜景を見せてあげるよ』と言って
もうすっかり暗くなった街中を通り抜け彼のおすすめrestaurantやcafeも紹介してくれて、最後に

『ミケランジェロ広場』から
ローマの夜景を見せてくれた。
ミケランジェロの像は中央に大きく立っていて格好良かった!
ライトアップの感じがロマンティックだった…

ホテルまでお願いして
少し多めのチップを渡して
『Grazia!』『ヴォナ・ノッテ』
おやすみ
と挨拶をして別れた。
どこまでも優しい親切なイタリアの男性は毎日そうすることが当たり前で、日常なのだと感じる。

『愛の奉仕者』
恋人に対しても友達に対しても
心を開いて包み込んでくれる
惜しみない愛情で… 
わたしの来世は
是非イタリア人に生まれたい。

もしかすると男性に生まれるかもしれないけれど、
感覚が合うのがわかる。

500年前にわたしはイギリス人で40代で生涯孤独を通し亡くなった
男性だった話をLOVERSタロット占いの先生に聞いたことがある。
だから いまあなたは
『ひとりにならないでね』と
メッセージを受けて生まれたのよって…

image

きっと人を真実の愛を持って愛する人の周りには、悪は存在しない。
汚らわしい心で近付いたとしても
居心地が悪くなり自然と離れてゆく。
真実の愛には真実の愛で答えられる
『浄い心』に悪は負けることしかできない。
その昔 悪魔も実は天使のひとりであったと伝えられている…
『天使の心』が生きていることを
信じたい。

2012年1月15日 | コメントはまだありません コメントを書く/表示する | カテゴリ:未分類

イタリア人に愛された日々

image

最初は花の都フィレンツェで
セントラルパーク広場で
ヴァイオリンやチェロ・などの
生演奏を一人でうっとり聴いていたら… イタリア男性が現れて
『近くにベッキオ橋があるから
案内してあげる。ダンテの家も見せてあげる。それから古い教会も……』
と心優しく声をかけてくれました。

写真は橋の上でアドレスを聞かれてメモを書いている、わたしの後ろ姿と声を掛けて来た男性です。
隣に立っている女性は神戸から同じツアーで来ていた方で
あとで「もう!ついて行っちゃダメよ!!心配したわ…」と母親のようにわたしの身を心配してくださいました。

フィレンツェの男性は英語の勉強をしていたということで、イタリア語ではなくすべて英語で会話してくれました。

わたしの職業を聞かれてhairdresser
美容師と答えると
『それなら僕の部屋を貸してあげるからイタリアで美容師すると良い!!』っていきなり初対面で
ものすごいアプローチ

image

フィレンツェではガイドさんが
友達のシェフが美味しい
『ティーボーンステーキ』を食べさせてくれる店をやってるから一緒に行きましょう!と声をかけてくれて、
旅で最高の食事ができました。
キャンティクラシコ2002の赤ワインも
美味しかった…

image
…そして その夜
フィレンツェの男性がホテルまで
わたしを迎えに来ました。
『今から、フィレンツェでいちばん古い教会に連れて行ってあげる!』

ここまでされたら
行くしかない…か?!?
勢いで彼の車に乗って出掛けてしまいました。
命知らずかもしれない…。
無事に帰って来られるって保証はないのに。

月の綺麗な真夜中
ドラキュラが現れそうな本当に古い教会そして十字架の墓場と無数のキャンドル…う~ん 妖しい。

映画のプロモーション撮影ができそうな、思わず墓場で写真を撮りたい気分になりましたが…顰蹙をかうと思って諦めました……何か幻想的な
光景にも見えて 
美しかったのです。

日本のお墓とはまるで違う
…だって普通 恋人同士で行かない
場所ですよね‥
ここは小高い丘の上というか、森の奥深くフィレンツェの街の夜景が小さく見えるところにありました。
……しかし
フィレンツェのカップルはたくさん
墓場や古い教会の周りにいて賑やか 
まったく怖くはありませんでした。

mosquito(蚊)に血は吸われましたが、男性はとても紳士で
「キミの話し方は歌を歌うように聞こえるね。何か日本の歌を歌ってくれない?」と言ってくれました。

わたしが歌った歌は竹久夢二の
『宵待草』よいまちぐさ

竹久夢二は画家であり詩人でありました。

♪待てど 暮らせど
来ぬ人を 宵待草のやるせなさ
今宵の月も 出んそうな…

image
日本の歌は他にもあるのに
わたしが月好きのため、とっさに
出た歌が『宵待草』でした。

フィレンツェの男性は感動してくださって、「春に京都へ遊びに行きたいんだ。キミに案内を頼みたい。」
とおっしゃいました。

ホテルまで帰る途中
「イタリアン・キッスしても?」
と聞かれ 
わたしは「Non Nonごめんなさい。」と答えました。
フィレンツェの男性は
「わかった…悪かったね。」と
言ってわたしをホテルまで無事に
送り届けてくれました。

『ドキドキ…ドキドキ……』
『ほんとうは、わたし危ない事をしてしまったんだ……。』少し反省していました。ホテルの部屋に辿り着いて独りきり。『ドキドキ……』

それから日本へ帰って間もなく
フィレンツェの男性は何度も電話をくださいましたが、わたしも忙しいのでゆっくり話が出来なくて可哀想なことをしてしまいました。

image

明日はローマを

2012年1月14日 | コメントはまだありません コメントを書く/表示する | カテゴリ:未分類

源氏物語

image

『人は1000年前から変わらず
同じ過ちを繰り返している…』

その事を平安王朝の時代と
重ねて思わず考えさせられる映画でした。

image

満月の美しい夜に
紫式部(平安時代の天才女流作家)は
藤原道長ふじわらのみちなが
(時の権力者)に
『わたしは何をしても許される身』
と言って無理やり抱かれます。

image

月の美しい夜には
道長は紫式部を求めて会いに来るのですが、道長の娘・彰子に帝みかどの心を向けさせるために
紫式部に物語を書くよう命令します。

image

物語の主人公
光源氏は、宮中の女性たちの憧れの的。
義理の母・藤壺への狂おしい想いを
断ち切ることができず、
その苦しさゆえに、正妻・葵の上、
年上の愛人・六条御息所、
癒やしの愛人・夕顔と、奔放に愛を求めてさ迷う。

image

紫式部が綴る『源氏物語』は
たちまち帝の心をつかみ、帝と彰子の間に男の子が生まれた。

image

これで道長の栄華は確固たるものとなり、紫式部の役目は終わるはずだった。

image

紫式部は道長と源氏を重ねて
いつからか物語を書いていた…

このまま愛する人のそばにいるのは
嫉妬や報われない想いで
自分が狂ってしまうと考えた
紫式部は最後まで本当の気持ちを
伝えないまま 道長から身を引く…

満開の桜舞う
ラストが美しい!!

紫式部と一緒の気持ちで涙が出ました。
『好き』なのに好きだと言えない
頬を伝う涙……
そんな 恋 経験したことありますか?

2012年1月13日 | コメントはまだありません コメントを書く/表示する | カテゴリ:未分類

アマルフィムーンボトル

プロフーミ・デッラ・コスティエーラ リモンチェッロ アマルフィ 
ムーンボトル…

image

月のカタチをしたボトルに

image

こんな可愛い絵が付いて
カプリ島かな?
そういえば、ありました!
イタリア カプリ島の

image

レモンチェッロ専門店

image

image

それは楽しい一人旅でした。
image

カプリ島に寄ったのは
あの『青の洞窟』に入りたかったからです。 しかしこの日
何か一個だけ条件を満たしていない為…洞窟に入ることは許されませんでした。……残念。

image

でも この笑顔(^-^)
カプリ島ではパスタにピザ
昼間からワインを沢山いただいて
上機嫌!!

image

image

天然炭酸水にレモンチェッロ
オリーブの小枝を添えて…

オリーブの花言葉
『平和』
旧約聖書によれば、ノアが洪水にあったとき、ノアの方舟はこぶねに
一羽の鳩がオリーブの小枝を運んで戻ってきました。
ノアはそれを春の兆しととり、
まもなく太陽によって冬の洪水がひいていき、平和と希望がやってくることを悟ったということです。

オリーブは新年のかがり火の枝とされ、しばしば仲直りの贈り物ともされてきました。

TU  ME   MANQUES!
最後におまじないを

2012年1月13日 | コメントはまだありません コメントを書く/表示する | カテゴリ:未分類

アマルフィ ムーンボトル

image

プロフーミ・デッラ・コスティエーラ『リモンチェッロ』アマルフィムーンボトル…

まるで何かの呪文のような長い名前が付いてる要するに
『レモンのリキュール』

昨日 大丸地下1階のワインコーナーへ買い物のついでに立ち寄って
誕生日パーティーに揃えたいワインを探していました。

そして出逢ってしまったんです。

image

この子に……なんて可愛いんだろう…
天然炭酸水と合わせて頂きます。

image

image

イタリア旅行した時の写真です。
カプリ島にありました!!
『リモンチェッロ』の専門店

「楽しい一人旅だったなぁ‥」
高知龍馬空港が出来た記念の年に
高知発着のイタリア旅行だったんです。わざわざ東京まで行かなくていい!
画期的なイタリアの旅
電話で問い合わせたら…
「あと残り1席だけです。」
わたしは運命を感じてそのまま
「その席わたしにください!」
と言っていました。

2012年1月13日 | コメントはまだありません コメントを書く/表示する | カテゴリ:未分類