未分類

秋冬に咲く花々

1000の言葉よりも野道に咲いた草花。

なによりも

心を和ませてくれます。

冷たい風と降る雨ごとに耐えて

静かに咲いている草花の美しさ。

精神の美

真の強さを感じる。

2020年12月17日 | コメントはまだありません コメントを書く/表示する | カテゴリ:未分類

「  上善如水  」ジョウゼンミズノゴトシ

  
「上善」とは最も理想的な生き方です。

そういう生き方をしたいと願うならば

水のあり方に学べというものです。

「  水  」には3つの学びがあり

1…  柔軟な性質

2…  謙虚な姿

3…  秘めたるエネルギー
  
柔軟な性質は

さまざまなカタチに変化できる事。

固まらず止まらず、その場の状況に合わせながら、姿カタチを変え、常に柔軟に対応していく

変わることができること。
  

謙虚な姿は

誰でも人は低いところに身を置くことが嫌なものですが、

「 水 」は低いところに流れていきます。

自分の能力や地位を誇示しようとしません。

  
 

秘めたるエネルギーは

人の心を癒すこともできる

穏やかな水の流れであり

時に激しい速い 流れ  というのは

硬い岩をも砕く力強さを持っています。

  

普段の自分は

人に対して「柔軟で有ろう」とか

「謙虚で有ろう」と常に心に言い聞かせ

生きているつもりなのです。

それでも

時々、言いようの無い怒りと

不安に苛(さいな)まれ

心のなかが砂嵐に…

 ストレスが溜まると耳が聞こえなくなります。

  
『   信じる者は救われる  』

「   信じる   」ことが大事。
 

人も皆おなじ……

不完全であって

足りないところがあって、あたりまえ。

(私にも、あの人にも)

暗中模索して生きている。

充分に幸せそうに見えても

『まだ 足りない 』

と悩んでいる。

それぞれの意識のなかで

生まれては消えてゆく感情。

人間に与えられた『 心 』

濁りそうになった時は

サラサラと動いている水の姿を浮かべよう。

『 上善水の如し 』

2020年12月17日 | コメントはまだありません コメントを書く/表示する | カテゴリ:未分類

六道輪廻 地獄は約900万年

2020年12月17日 | コメントはまだありません コメントを書く/表示する | カテゴリ:未分類

9月9日 「白峯寺」81番札所

四国八十八ヶ所霊場

第81番

香川県 白峯寺さんへ

子連れで御参りに行って来ました。

私が以前に

81番と印された銀色のお札を

夢に見て、こちらのご本尊様が

千手観世音菩薩さまであり

「白峯寺」さんであることを

教えていただき、自然の流れで

逆打ち回りをする事になりました。

天気が、ものすごく良くて

35度まで気温が上がり

久しぶりに歩いたから、良い汗をかきました。

もうすぐ5歳になる息子を

おんぶして階段を登りました。

「重たい?大丈夫??」

と聞いてくれますが、沢山歩くところでは

私が「おんぶしようか?」と聞くと

すぐに背中に飛び乗って来ました。

それでも、最後の方では、手を繋いで

しっかりと自分の足で歩いてくれました。

天空の鳥居『高島神社』さん

夕暮れの景色のなかで

一日の疲れを癒やしてくれるような

海と空の色でした。

新しい納経帳も買ったので

順番に回りたいと思います。

息子が「錦のお札が欲しい!」

と無邪気に話していたところ

※錦のお札は100回以上回らないと、頂けない。

270回も回っているお遍路さんから

「はいっ!どうぞ。」と…

息子と私に2枚授けてくれました。

感動と嬉しさで涙…

やはり

子供は愛される存在なのだと

つくづく思うことでした。

2020年12月17日 | コメントはまだありません コメントを書く/表示する | カテゴリ:未分類

先祖供養と曼荼羅

本当に

毎日が目まぐるしく過ぎて、

しかも

難問が次から次へと起こり

この令和の時代がこれから先

どのように流れてゆくのか?

今まさに!

台風の渦の中に居るといった状態です。

ここから動けば

痛い目に遭うのは分かっているけれど

どちらにしても

やがて 台風は襲って来るのだし

通り抜ける迄が

長い長い…苦しい苦しい…

「時間」となる。

超能力者でない限り

時間を 戻すことは出来ない。

時間は常に進んでいくもの。

【嵐のあとに静かな風が、吹いて

くるくると回る白い物が降りて来る…】

そんな夢を見た。

私は自然に口にしていた

弘法大師 空海のご真言を唱えていた。

「南無大師遍照金剛…南無大師遍照金剛…南無大師遍照金剛」。

3回唱えると

その白い物は私の体にス一と落ちてきた。

それは お遍路さんが88箇所を回る時に着る

白い着物だった。

背中には"南無大師遍照金剛"と書いてある。

そして

木でできた小さい粒の御数珠と銀色のお札。

81番札所 白峯寺と書いてある。

これは どうゆう意味なんだろう…

私に行け!と言っているのだろうか。。

それにしてもリアルな夢で

越前町に住んでいるシャ一マンのお婆さんに

相談をしたところ、

やはり、「お遍路参りをするべきですね。」

「そうする事で、助けてもらえる、お力を与えてもらえる。」と言ってくださった。

2020年12月16日 | コメントはまだありません コメントを書く/表示する | カテゴリ:未分類
1 / 52112345...102030...最後 »